パチンコで遊ぼぅZ

パチンコハ楽シムコトト見ツケタリ! パチンコについて解説&考察しています

パチンコ打ちのための 解説&考察サイト
それが『 パチンコで遊ぼぅZ 』だぜっと
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
HOME>生活者への道>基礎‐解説ページ

生活者への道 『 基礎と生活 』

これからパチンコで勝ち、それで生活しようと思う人にむけた内容です。
実際にやってみるに必要な考えを揃えてみました。 下部へスキップ↓

ここでは具体的な攻略内容には触れていません。
細かい攻略や手段の解説は下記を参照してください。

★このページの項目一覧(切り替え/ページ移動なし)

生活者への道 > 基礎   ←← (No.06) →→

※タブを選択で簡易目次へ。ページ移動なし

記事 目次

稼働とその質
№06

パチンコを打つことを生活者は『稼働する』といったりします。

主に回転数をこなし、理論値の上乗せを目指す意味で使われるようです。

パチンコで生計をたてる生活者にとって、パチンコを打つ、ということは収入を得る手段であり、その回数量がそのまま稼働量になります。

つまるところパチンコを打てば打つほどお金になるという具合です。

ですが、ただ闇雲にパチンコを打てばいいというわけではなく、一定の基準を満たす必要があり、それをクリアしつつパチンコを打っていかねばなりません。

なので“稼働したくても出来ない”という自体も頻繁に起こります。
※特にパチスロはその傾向が強い

生活者の一番の課題は、稼働すればお金になるが、その稼働に足る“”の台が確保できない――、というジレンマになると思います。

稼働の質を上げようとすると機会に恵まれず、機会を増やすために質を下げ過ぎるといくら稼働しても満足いく結果が得られない、という感じになり、質と機会のバランスの見極めが重要になってくるでしょう。

その見極めができるということは、自分の置かれている環境をよく把握していることになるはずです。

生活のためにパチンコを打つことは、必ずこの稼働の質とその機会の獲得について試行錯誤することになり、それを常に意識して取り組まねば、先々に苦しくなっていくと思われます。

欲張って質を追い求めてもダメで、かといって質を気にせずにただ稼働を増やしても欲しい結果は得られない――、そんな中で稼働を確保しつつ、質も維持するような立ち回りが求められるでしょう。

これは環境が良い時は、あまり問題にならないことですが、環境が悪くなる要因は無数にあり、いつ変わるともわからないので、その時のために普段から意識しておくといいです。

最終更新日‐2017年09月

目次】 次の記事→  目立つこと

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

稼働とその質

生活者への道(基礎編の目次)
/

パチンコで勝って生活する俗にいうパチプロになるために知っておくべきこと。
必須になるであろう情報についてのアレコレを集めてみました。

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

生活者への道(基礎編)

目次 記事

< 上に戻る >

< HOME >

ページトップへ戻る

ここは4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんが運営するサイトです。





Copyright(C) chiyomatsu. All Rights Reserved.