パチンコで遊ぼぅZ

パチンコハ楽シムコトト見ツケタリ! パチンコについて解説&考察しています

パチンコ打ちのための 解説&考察サイト
それが『 パチンコで遊ぼぅZ 』だぜっと
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
HOME>生活者への道>基礎‐解説ページ

生活者への道 『 基礎と生活 』

これからパチンコで勝ち、それで生活しようと思う人にむけた内容です。
実際にやってみるに必要な考えを揃えてみました。 下部へスキップ↓

ここでは具体的な攻略内容には触れていません。
細かい攻略や手段の解説は下記を参照してください。

★このページの項目一覧(切り替え/ページ移動なし)

生活者への道 > 基礎   ←← (No.15) →→

※タブを選択で簡易目次へ。ページ移動なし

記事 目次

打つ機種タイプとその収支のバラつき
No.15

パチンコで勝ち越すためには、理論値(期待値)を追います。
専門誌や攻略サイト、または自分で計算して、それで得られたものを基準にして行動することになるでしょう。

この時に使う理論値はあくまで計算上のものですから、間違いや誤差はつきものです。

そもそも正確だったとしても理論値通りの結果になるかというと、それは確率の問題ですから、ほとんどの場合、結果はバラつきます。

これによって日単位の勝ち負け、勝てる台で負け、負ける台で勝ち、例え月単位でまったく同じ内容の稼働をしても、まず同じにはならないことになります。

そのバラつきは機種タイプや仕様によって一定の幅であることが知られていて、これを考慮しないでただ理論値を追っても、上手くいかない場合も出てくるでしょう。

基本的に出玉起伏が激しい荒い機種ほど、バラつきの幅が大きくなりやすく、穏やかな機種機種ほど、バラつきの幅が小さい傾向にあります。

そのバラつきを抑えるために稼働を増やして数で対応するのが一般的な方法です。

しかし、月単位、あるいは年単位で試せる回数量には限度があり、その中で結果を残さなければならず、例え結果のバラつきがあったとしても一定以上の勝ち越しができなければ生活はできません。

では、実際に機種タイプによってどの程度の結果のバラつきがでるのでしょうか?

それは機種によって異なり、正確なところはわかりません。 しかも計算上は無限であるので、『絶対にここまでの範囲に収まる』という言い方もできません。

しかし、この位の範囲まで、現実的なレベルならこのくらい、という目安はあります。

ぱちんこ(玉)  日当2万円で250日稼働 =年間500万の期待値での条件

・甘デジ級(1/99) → 470~530万  (±30位の範囲)
・ライト級(1/200) → 430~570万  (±70位の範囲) 
・ミドル級(1/300) → 370~630万  (±130位の範囲)
・MAX級(1/399) → 300~700万  (±200位の範囲)

※大まかな目安です。この条件の稼働量ならこの数値の中央近くによる事の方が多く、Max級で欠損が-200万近くになるのは数年に1回位の頻度でしょう

パチスロは機種タイプや仕様が一括りにできないので、さらに精度の低い目安になります。

・ノーマルタイプ → ぱちんこ(玉)の甘デジ、ライト級と同等?

・ボーナス+RT、ARTタイプ → ぱちんこ(玉)のミドル級と同等?

・ARTのみ、AT機 → ぱちんこ(玉)のMax級と同等?

※すごくアバウトです。特にART、AT機は玉のMAXタイプ級を越える荒さであることも考えられます

年間の理論値が500万になる条件でこのような感じですから、これ以下の条件ではこのバラつき幅の体感はもっと大きなものになると思います。

これは慣れた生活者なら身を持って知っていることで、例え勝てるとわかっていても荒い機種を避けて打たないを選択する人もいます。

問題になるのが、この結果のバラつきによって勝ち額が不足し、生活に支障がでる可能性があることです。

極端にいえば、Max級の台ばかり打って、自分の理論値が日当1万円程度(年間250万)しかなかった場合、パチンコ自体は年間を通してマイナスとはいかないまでも、生活費を含めると赤字になることです。

この時の生活費がどのくらいかにもよりますが、少なくとも200万は勝ち越さねば、実質的に赤字といえるでしょう。

つまり、生活者は年間の勝ち額が、“機種タイプの結果のバラつき幅の悪い方を考慮しても必ず200万円を超えないといけない”となるわけです

このように考えると、年間で200万以上の理論値を稼げない生活者がMax級の台をメインに打つと、年間で収入なし、生活費込みで赤字という危険と隣合わせだとなります。

もちろん、十分な貯金があり、その立ち回りを年をまたいで継続できるなどの理由があるなら問題ありません。

生活者になって日が浅い、または今から始めるという人にとっては、これが大きな壁になり、パチンコによる生活が頓挫する要因として、かなり大きなものになると思います。

ただ理論値だけを気にするのではなく、この機種タイプによる結果のバラつき幅にも注意するべきでしょう。

一般的に荒い機種の方がたくさん出ることがあって面白いと選びがちですが、一方でこのようなリスクを含んでいることも覚えておいてください。

最終更新日‐2017年09月

目次】 次の記事→  不調とその原因

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

打つ機種タイプとその収支のバラつき

生活者への道(基礎編の目次)
/

パチンコで勝って生活する俗にいうパチプロになるために知っておくべきこと。
必須になるであろう情報についてのアレコレを集めてみました。

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

生活者への道(基礎編)

目次 記事

< 上に戻る >

< HOME >

ページトップへ戻る

ここは4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんが運営するサイトです。





Copyright(C) chiyomatsu. All Rights Reserved.