パチンコで遊ぼぅZ

パチンコハ楽シムコトト見ツケタリ! パチンコについて解説&考察しています

パチンコ打ちのための 解説&考察サイト
それが『 パチンコで遊ぼぅZ 』だぜっと
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
HOME>スロ&玉>ぱちんこ(玉)攻略-解説ページ

解説&考察 『 ぱちんこ(玉)攻略 』

パチンコをやったことのない人、あまり知らない人にむけた内容です。
今さら聞けない基本や、はじめてパチンコを打つ人に必要になるものを揃えてみました。 これらをひと通り読めば、とりあえずパチンコで遊ぶことができると思います。下部へスキップ↓

★この項目一覧(記事切り替え/ページ移動なし)

スロ&玉>パチスロ攻略 >  // (No.01) →→

※タブを選択で簡易目次へ。ページ移動なし

記事 目次

ボーダー(理論)
№01

ぱちんこ(玉)の攻略で元も基礎的なものになるのがボーダー理論です。

ボーダーとは、出玉または景品交換後の金銭がゼロになるぱちんこ(玉)のゲーム的な分岐点のことです。 多くは、千円(250発)辺りの回転数で示されていて、多くのお客に利用されています。

交換率→千円辺りの回転数(出玉5%カット)
・2.5  →  21.6 (22.0)
・3.0  →  20.1 (20.6)
・3.3  →  19.3 (19.8)
・4.0  →  18.2 (18.7)
※これは例であって数字は適当です

このような感じで表記されていると思いますが、色々な種類があるので見方を覚えておくといいでしょう。

上の3.3円交換なら千円で19.3回ほどデジタルを回し(抽選を受ける)ことができれば理論上は±0になるという事を示しています。

ボーダー理論は、この±0を明らかにすることなのですが、ボーダーを上回る=勝てる、と説明の根拠でもあり、それが様々な波紋を呼ぶことになります。

中でもボーダー理論自体を否定するものは根強くあり、それが堂々と語られるので信じていいものか不安になる人も多いようです。

ですが、ボーダー理論は、あくまで機械のスペック通りならそうなる、という事をいっているだけで間違っているとか嘘だとかいうものではありません。

問題にされるのは、大当たりが確率通りいかないという点であり、そのせいでボーダーを上回っても勝てない、と展開するのものですから、ここはボーダー理論がおかしいというよりのスペックが想定しているものと違う、と捉える方が正しいと思います。

実際に遭遇するボーダー+5回転の範囲内で上回っても勝率が若干良くなる程度で、その日の勝った負けたは、何回当たったか? 何連したのか? どのくらいハマったか? の影響の方がはるかに大きく、それに左右されます。

せっかく勝てると聞いてボーダーを上回る台を打ったのに勝てなかった――、ボーダーなんてあてにならない! 嘘だ! インチキだ! となります。

では、ボーダーを超えた分は意味がなかったのでしょうか?

そんなことはなく、確実に効果はでています。
負けたじゃん!!  という人は、まあ聞いてください。

千円辺りの回転数が18回の台と20回の台を丸一日打ったとき(2000回転)に、運悪く一度も当たりませんでした。その時、このお客さんは大敗します。

しかし、その負け額が違ってきます。(1Kとは千円250発)

・1K=18回の台で2000回転  →  11万1千円  負け
・1K=20回の台で2000回転  →  10万円    負け

千円辺りの回転数がわずか2回転違うだけで、一日打って同じ一度も当たらない条件なのに1万円以上の差が出ます。

これは回れば回るほど負け額が必ず減ることを意味し、ボーダーを上回る=勝てるではなく、ボーダーを上回る≒負け額が減る、と考えたほうが実感が持てるでしょう。

そして、確率近く当たった時に、負け額が減った分=使い額が減った+出した玉の量→余った→勝てた、という流れにするとイメージしやすいと思います。

一方でボーダー理論を考えるときは、ボーダー±0で勝ち負けなしの±0と考えるものですから、上の台のボーダーが18回だとすると、10万負けという大きくかけ離れた結果になってしまいます。

すると、±0になるはずなのに全然違う結果になった、騙された、と思う人が大勢出るわけです。

ボーダーは、あくまでスペック通りに当たりを引けた事を前提にしていますから、実践上で異なるのは普通のことです。

そもそも一般的なお客さんの遊技回数では、このボーダー理論に近い結果を得るのは難しいといえるでしょう。
まして一日単位、週単位くらいでは、大きく上下してしまうのは当然のことです。

それとは別に、お客側の見積もりミスが多く起こっていることを感じます。

千円辺りの回転数は、お客が実測するしかないのですが、回りムラがあり、正確な数値を取ることは簡単ではなく、さらに、大当たり時の出玉量、電サポ中の減少割合、時間あたりの通常回転数消化の早さ、なども考慮(ボーダー算出の際の条件)しなければなりません。

ボーダー理論をかじっている程度でのお客さんが、この台はボーダーが18回で20回ほど回るから、良い台だ、勝てると言っていても、6時間打った実際の千円辺りの回転数は19.3回、出玉削りが8%ほどある上に、電サポ中の減少割合を示す数値(BA)が基準となる90より低い、70となってくると、この台のボーダーは18回ではなく19.7となり、このお客さんはボーダーを下回ることになります。※例です

ボーダーは、前提となる条件(時間、出玉量や電サポ中の増減)などが細かく指定されて求められる数値です。ですから、その見積もりにミス、または勘違いがあると、実際とは異なるボーダー条件で打つことになります。

ボーダーは千円あたりの回転数――、という一見すると簡単な手法で台の良し悪しがわかる便利なものですが、それはお店もわかっていることであり、ヘソ(スタート)だけ開けて千円辺りの回転数を上げ、その分、出玉関係を削るという調整をしてくることが多いです。

ボーダー理論で勝とう、とする場合には、これらの事への理解が必要になります。
単純なボーダーを超えているというだけではまず上手くいきません

ですが、やり方としては簡単で、以下のことをするだけでボーダー理論にそった攻略ができます。

・まず機種のスペックを知る
・その台のボーダーと、その細かい算出条件を調べる
・実際に打ち出し、計測する(通常回転数、出玉量、電サポ中の増減)
・遊技時間、交換率、持ち球比率などを考慮する
・計測したものから、千円辺りの回転数を割り出す
・それをボーダーと比較する
・ボーダーを越えているなら打つ

これらができた上で、ボーダーを上回った分 と、その条件で回した回転数に比例して、それなりの結果が出ます。

非常に単純なことなのですが、なまじ勝てると説明する要素であるので、誤解や曲解が生まれるようです。

多くの人は、専門誌や携帯サイトで簡易ボーダーをみて1万円程度のサンプルで千円辺り回転数を決めているので見積もりのミスがあります。

そして、結果がでるまでの時間を、その日単位、または一週間程度に思っているので、上手くいかないのだと思います。

攻略としてボーダー理論に頼るときには、正しい理解と正確な値を求める技術も必要になることを覚えておいてください。

2014/11/18追記
このボーダー理論は、前提として勝てる説明をするから、ややこしい話になる気がします。

ですから、ボーダーを下回る台を打てば負けられる――、そう説明されれば理解しやすいでしょう。

ボーダーを上回る(下回る)といっても、現実には限界があり、一般的な調整範囲なら±5回転くらいまでです。

ボーダー理論も、+50や、あるいは-20(千円で0回転)という、極端な調整で丸一日打てれば、その効果や意味がわかると思うのですが、狭い範囲での+や-では、大当たりの方がはるかに影響力があり、納得しがたいのも仕方ないのかもしれません。

最終更新日‐2017年09月

目次】 次の記事→  釘読み

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

/

ぱちんこ攻略(目次)
/

ぱちんこ(玉)の攻略などの内容で、基本的な攻略から応用、小技を個別に解説しています。その中で楽しむための方法も紹介しています。

パチスロ(スロ)の攻略はこちらをご覧ください→攻略解説/ぱちんこ(玉)

<基礎系> ~ぱちんこ(玉)の基本的な攻略~

<応用系> ~仕様や仕組みを利用した攻略~

<お楽しみ系> ~より楽しむためのアレコレ~

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

(目次)

目次 記事

< 上に戻る >

< HOME >

ページトップへ戻る

ここは4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんが運営するサイトです。





Copyright(C) chiyomatsu. All Rights Reserved.