パチンコで遊ぼぅZ

パチンコハ楽シムコトト見ツケタリ! パチンコについて解説&考察しています

パチンコ打ちのための 解説&考察サイト
それが『 パチンコで遊ぼぅZ 』だぜっと
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
HOME>スロ&玉>ぱちんこ(玉)攻略-解説ページ

解説&考察 『 ぱちんこ(玉)攻略 』

パチンコをやったことのない人、あまり知らない人にむけた内容です。
今さら聞けない基本や、はじめてパチンコを打つ人に必要になるものを揃えてみました。 これらをひと通り読めば、とりあえずパチンコで遊ぶことができると思います。下部へスキップ↓

★この項目一覧(記事切り替え/ページ移動なし)

スロ&玉>パチスロ攻略 >  ←← (No.13) →→

※タブを選択で簡易目次へ。ページ移動なし

記事 目次

持ち玉比率と貯玉再プレー
№13

ぱちんこ(玉)はパチスロと比べてお店ごとの交換率に大きな差があるのが特徴です。
(パチスロは5枚~6枚が主流ですが、ぱちんこ(玉)は4円~2.5円が主流です。※1ぱち5スロ除く

交換率の違いは、お客の勝ち負けに直接関わってきます。

等価交換以外では、なるべく現金を使わず持ち玉で遊技した方が有利になります。

同じ2万円使って最終的に±0だとしても、等価交換(4円)では5000発ですが、3円では6000発必要になり交換率によってボーダーが変動するのはこのためです。

専門誌やサイトなどで提示される等価交換以外のボーダーは、持ち玉比率が?%という前提で計算されています。

つまり、前提となる持ち玉比率を上げられれば有利に、逆に下げることになれば不利になります。

持ち玉比率を上げる方法については、“持ち玉ができたら使い切るように打つ”と紹介されることが多いのですが、これには少し問題があります。

持ち玉ができる=当たり引く、ですから当たらない場合はいつまでも持ち玉がありません。持ち玉を作ろうと現金を使って打ち続けると持ち玉比率をどんどん下げることになります。

また、持ち玉比率が高いほうが有利だというのはゲーム攻略的な観点であって、その日の勝負を覆すような代物ではありません。

遊技継続を半強制する側面もあり、せっかく勝ってたのに持ち玉がある内はやり続けた方が得だと言われたので、続けたら全部飲まれた、負けさせられたと不信感を抱くようなことも多く聞きます。

こうなると持ち玉比率による有利不利なんて嘘だ、インチキだと思う人も大勢でてくるでしょう。

実際に多くのお客さんはヤメるタイミングを調節することで勝ちを確保している、つまり勝っている内に逃げる“勝ち逃げ”を目指しています。

それに対して持ち玉比率の恩恵は、持ち玉での遊技を増やすことで交換率で失う部分を少しでも減らすものですから、どうしても目先の勝ち負けとは矛盾するような動きになってしまいます。

しかも、持ち玉比率による恩恵は、最低でも等価交換時のボーダーを越える台でないと意味がありません。仮に少し超えていても、その“少し”しか恩恵はなく、それは実感できるレベルではないでしょう。
(ゲーム的に勝つ、という視点においてです)

これらのことを理解した上で、持ち玉比率を上げるようにします。
と、いってもできる事は、やはり持ち玉ができたらなるべく長く打つことが基本になるでしょう。

他には『貯玉再プレー』というサービスを利用する方法があります。
このサービスがある等価交換以外のお店なら、簡単に持ち玉比率を上げることができます。

極論をいえば、貯玉を色々なお店で作り、その再プレー上限まで使ったら、他のお店へ移動を繰り返せば、持ち玉比率をほぼ100%にすることも不可能ではありません。
(最初に貯玉するのに使う分は必要です)

持ち玉比率を考えるときは、交換率によって発生するロスを小さくすると捉えましょう。
(例 千円で20回と想定
・2500発を使う(1万円)  →  200回転回せる
・2500発を3円交換する → 7500円→ 150回転回せる  
同じ2500発ですが、一度交換を挟むとこのように差がでます。
交換しない=遊技を続ける、というのがこの分だけ有利というだけです。

※ここからは注意です。
持ち玉比率のことを一般客レベルでいえば、今ヤメれば勝っているから……、とヤメて、翌日以降にまた現金を使って打ち出すようなことをしない方がいい、というものです。

しかし、前提として悪い台を打っている――、特にヘソの回りはクリアしていても出玉関係を含めると下回っている場合もあり、安易に持ち玉だからやり続けた方が有利だ! と判断するのは危険です。

攻略という観点から持ち玉比率は気にするべきことですが、不本意な遊技継続を強いる側面もあるので注意してください。

最終更新日‐2017年09月

目次】 次の記事→  潜確狙い

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

/

ぱちんこ攻略(目次)
/

ぱちんこ(玉)の攻略などの内容で、基本的な攻略から応用、小技を個別に解説しています。その中で楽しむための方法も紹介しています。

パチスロ(スロ)の攻略はこちらをご覧ください→攻略解説/ぱちんこ(玉)

<基礎系> ~ぱちんこ(玉)の基本的な攻略~

<応用系> ~仕様や仕組みを利用した攻略~

<お楽しみ系> ~より楽しむためのアレコレ~

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

(目次)

目次 記事

< 上に戻る >

< HOME >

ページトップへ戻る

ここは4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんが運営するサイトです。





Copyright(C) chiyomatsu. All Rights Reserved.