パチンコで遊ぼぅZ

パチンコハ楽シムコトト見ツケタリ! パチンコについて解説&考察しています

パチンコ打ちのための 解説&考察サイト
それが『 パチンコで遊ぼぅZ 』だぜっと
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
HOME>解説&考察>確率とオカルト-解説ページ

解説&考察 『 確率とオカルト  』

パチンコをやったことのない人、あまり知らない人にむけた内容です。
今さら聞けない基本や、はじめてパチンコを打つ人に必要になるものを揃えてみました。 これらをひと通り読めば、とりあえずパチンコで遊ぶことができると思います。下部へスキップ↓

★この項目一覧(記事切り替え/ページ移動なし)

考察&解説>確率とオカルト >  ←← (No.09) →→

※タブを選択で簡易目次へ。ページ移動なし

記事 目次

確率のゆらぎ
№09

パチンコ台は抽選によって当たりを決めています。
それは1/300とか1/99などと表されていて、その数字を確率(抽選確率)と呼んでいます、

では問題です。

あなたの選んだぱちんこ(玉)台の隅の方に低確率1/99と記載されていました。
さて、何回転回せば当たるでしょうか?

答えは―――、“わからない”です。

1/99って書いてあるから99回以内に当たるんじゃないの? とかまあ300回も回せば当たるでしょ、とか思うかもしれませんが、当たるか? という問いには確定はなく、どれくらいで起こるか、としか答えられません

これが確率と呼ばれるものです。(パチンコでの)

どんなに確率が高かろうが低かろうが、当たる時は当たったであり、延々と当たらないことも別におかしなことではないです。
実際にパチンコで遊べば、それを実感できるでしょう。

確かに明確に確率が提示されているのに、その通りになることは稀です。
ですから、記載されている確率は嘘だ、またはどうせ運だから関係ないと感じているお客さんは多いのが現状です。

あくまで確率は目安として捉える程度でしかないという認識の方が、パチンコで遊ぶにはいいかもしれません。

しかし、パチンコで遊ぶための説明はこの確率を前提にするものが多く、基本的な理解がないと誤解や間違い、そしてオカルト攻略法へまっしぐらなんてことも考えられます。
難しい解釈はわからなくてもある程度は知っておくべきでしょう。

確率がその確率にならないことは、
俗にいう『確率のゆらぎ(確率のゆれ)』などと呼ばれるものです。

抽選確率1/99の台を1000回転させたとき、得られる当たりの平均数は約10回ですが、現実には0回から最大で1000回が起こりうる範囲です。 ですが、ここでは5回当たった場合と15回当たった場合で考えてみます。

・5回当たった  → 1/200(5/1000)
・15回当たった → 1/66.6...(15/1000)

同じ抽選確率1/99の台でも、現実にはこのように結果がばらつきます。
単純に、このことを確率のゆらぎと思ってもらってもいいです。
(厳密な意味ではなく、パチンコで使う言葉として)

これをパチンコ的な考えに当てはめると、回数が多いほど運が良い、少ないほど運が悪い、となるでしょう。

パチンコで遊ぶ上で一番の問題になるのが、この確率のゆらぎになると思います。

短い時間で確率の値が、抽選確率に近くなればパチンコは大負けも大勝もなくなります。
一般的な台の調整であれば、やや負けくらいですみます。

パチンコは確率のゆらぎが起こることを前提にしており、それを利用し客一人一人に対して確率的な勝敗を提供している場といえます。

ボーダー理論や設定などの攻略の元になっている確率は、このゆらぎを考慮せずにしたものですから、それをカン違いして間違っているとか、そうならなかったから嘘だ、とか誤解の元でもあります。

確率のゆらぎを考慮した攻略視点は勝率です。

勝てると言っているのに勝率、つまり負ける可能性がどれ位あるかを示してします。
確率で示される数値が、現実のある瞬間にはその通りにならないものであり、それ自体がどの程度で起こるかを示したものです。

この確率のゆらぎが起こることは避けられません
ですから、早く当たることも、大きくハマることも起きます。

これに対応するためには、回数量をこなし平均化させるのやり方が考えられますが、一般的なお客の回数量では無理があり、単に確率のゆらぎによる悪い部分を大きくしてしまうリスクもありますから難しいでしょう。

できるとしたら可能な限り抽選確率が低い(1/398<1/300<1/99)台で遊ぶようにし、確率のゆらぎで起こる影響幅を小さくすませるか、確率のゆらぎの悪い部分に付き合わない、ちょっとハマったらヤメるようにして遊ぶぐらいです。
(これは翌日以降になれば気分がリセットされ、ハマっている感覚を継続しないだけで、実際にはハマリは回避できていません)

確率のゆらぎが起こることで、計算上は勝てない台で勝てたり、その逆に負けたりします。

それは普通のことですが、攻略という観点になった場合、様々な説明やそれを利用した話がでて、こうだから勝てる、こうすると負けるというものになっていきます。
これらの解釈は正しいのか間違っているのは、正直判断つきません。

ただ、確率はゆらぎ、それ自体を防げず、それを比較的にでも思い通りにするのは困難であると覚えておいてください。

最終更新日‐2017年09月

目次】 次の記事→  理論値と実践値

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

/

確率とオカルト(目次)
/

パチンコで重要になる確率やそこから生まれるオカルトなどの解説です。 実際の遊び方とは異なるものですが、意外と重要なことかもしれません。

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

(目次)

目次 記事

< 上に戻る >

< HOME >

ページトップへ戻る

ここは4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんが運営するサイトです。





Copyright(C) chiyomatsu. All Rights Reserved.