パチンコで遊ぼぅZ

パチンコハ楽シムコトト見ツケタリ! パチンコについて解説&考察しています

パチンコ打ちのための 解説&考察サイト
それが『 パチンコで遊ぼぅZ 』だぜっと
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
HOME>解説&考察>遊びと勝負-解説ページ

解説&考察 『 遊びと勝負 』

パチンコをやったことのない人、あまり知らない人にむけた内容です。
今さら聞けない基本や、はじめてパチンコを打つ人に必要になるものを揃えてみました。 これらをひと通り読めば、とりあえずパチンコで遊ぶことができると思います。下部へスキップ↓

★この項目一覧(記事切り替え/ページ移動なし)

考察&解説>遊びと勝負 >  ←← (No.15) →→

※タブを選択で簡易目次へ。ページ移動なし

記事 目次

正の動機、負の動機
№15

パチンコで遊べば、たくさん珍しい演出をみて、勝てるかもしれない――、そう考えるとワクワクしますね。

このようなポジティブな思考から自発的に物事に取り組もうというのは『正の動機』と呼ばれるものです。

要するに、楽しいからやる、やりたいからやる、という姿勢です。 パチンコは遊びですから当然のことですね。

しかし、そんな前向きさとは逆の動機でパチンコに向き合うことがあります。

使い額が多くなり、取り戻したい――、と思いが強くなると、当たったらいいな→当たってくれないと困る、と結果を決めつけている状態になります。

このような後ろ向きな思考を『負の動機』と呼びます。

負の動機では、追い詰められて、そこから脱出するための手段を求めます。

パチンコでいえば、必ず当てないとまずい、早く当てないと大負けしてしまう……、もう連チャンしないとおかしい!――と、そんな健全とは言い難い精神状態です。

そう思いつつお金を使っていくと、ますます負の動機は強くなり、楽しむどころか、これではノルマを与えられた囚人です。

これを完璧に抑えるのは、難しいでしょう。
ですから、前もった予防が必要になると思います。

・どの程度の負けなら容認できるか考える

・最悪の展開を覚悟し、そうなったら帰ると決める

・結果を強制して、その算段をたてない

単に当たらないとき以外にも、いったんはたくさん出し、それが無くなっていくときにも起こります。

心理的には、辛い現状を認めたくない、一方でそれがどんどん酷くなっていく焦りが、取り戻したいと強く思わせるのが特徴です。

こうした負の動機を生まないように注意し、もしそれになっていると気づいたら直ぐに帰りましょう。

最終更新日‐2017年09月

目次】 次の記事→  客観と主観

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

/

遊びと勝負(目次)
/

パチンコをやる上で陥る遊びと勝負の心理的なアンバランスを解説しています。 慣れてくると楽しさより、上手くいかないイライラが上回ったりすることが多いのがパチンコです。直接遊技には関係ないことかもしれませんが、知っていれば少しは役に立つでしょう。

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

(目次)

目次 記事

< 上に戻る >

< HOME >

ページトップへ戻る

ここは4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんが運営するサイトです。





Copyright(C) chiyomatsu. All Rights Reserved.