パチンコで遊ぼぅZ

パチンコハ楽シムコトト見ツケタリ! パチンコについて解説&考察しています

パチンコ打ちのための 解説&考察サイト
それが『 パチンコで遊ぼぅZ 』だぜっと
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
HOME>解説&考察>基礎とゲーム性-解説ページ

解説&考察 『 基礎とゲーム性 』

パチンコの基礎的な内容とゲーム性などについてになります。 当たりや演出の仕組みやパチンコで使われる独特の用語を説明です。 知らなくても遊べますが、知っておいた方がよりパチンコを楽しめるでしょう。。下部へスキップ↓

★この項目一覧(記事切り替え/ページ移動なし)

考察&解説 > 基礎とゲーム性 ←← (No.06) →→

※タブを選択で簡易目次へ。ページ移動なし

記事 目次

演出と結果
№06

パチンコには当たりを期待させる演出がついているものがあります。
最近のものは大きな液晶画面がつき、音響効果とあいまって見ていて楽しいでしょう。

本来は、当たり自体を盛り上げるための補助的な仕組みですが、当たり時に演出を伴うので、演出が主役のような感じすらあります。

かなり昔の液晶画面がなかった頃の玉が入れば当たりの台は、玉の動きそのものが今の演出に相当し、玉の動きに一喜一憂したようです。

その後、スタートチャッカーで、デジタルを回し、図柄を揃える液晶画面つきの台、デジパチが主流になり、シンプルな演出が登場し、デジパチの進化と共に歩んできました。

今ある演出の基礎はこの頃からすでにあるものが、改良を受け続け、発展してきたもので、一般化した演出はお約束となり、現在でも主要演出として使われています。

パチスロにも液晶画面が登載され、現在では液晶画面つきパチスロ台の方が主流です。

長年の蓄積を経た演出体系は、予告とその強弱、先読み、法則、矛盾、ステップアップ、チャンスアップ、稼働ギミック、それらの複合で高度なレベルにあると思います。
(あまりに複雑で全部把握するのが難しいほど……。人気台なら演出だけの雑誌がでてます)

さて、この演出の内容は当たりに直結する重要なものですが、実際に当たりには関係ないものです。

えっ!? と思った方、言ってることが矛盾してる、嘘つくな、 と怒りだす方もいるかもしれませんが、聞いてください。

まず、玉がヘソに入り、演出が発生、色々とチャンスアップ があり、熱いリーチに発展し、見事に大当たりしました。

ほら、関係大アリじゃん! となりますが、違います。

これは、ヘソに入り抽選を受けた時点で、当たりかハズレか決まっていて、強そうな演出が起こったのは、たまたまです。
(当たり時は強めの演出が選択されやいだけで、ここで弱い演出が選択されても必ず当たります)

ですから、液晶画面が破損し、何も映っていなくて図柄が揃わなくても、普通にアタッカーが開いて玉を入れれば払い出しがあり、ようするに大当たりします。

大当たりかどうかを決定し、それを表示しているのは液晶画面ではなく、セグと呼ばれる台の端の方にあるランプ群です。

P2015_0124_145238.jpg(39316 byte)

いうなればそこが本体であり、液晶画面で起こる演出は、結果の決まっている八百長試合なわけです。

そんなことをいうと夢も希望もないようですが、大丈夫です。
セグは基本的にすぐに止まらず、液晶画面の内容にリンクするので液晶画面で起こった演出はそのまま受けいれて楽しむことができます。

じゃあ、いちいち冷めるような言い方するなと思うかもしれませんが、これをキチンと理解していないと、あらぬオカルトに引っ掛かってしまう危険があるのでいいました。

例えば、熱いリーチ演出が3回も出たのにハズレた、おかしい! 最後の最後で何か不正をされた!! などということはありません。

演出の当たりに結び付く割合を、期待度、信頼度と呼びます。
10%、30%なで数字によるもの、グレート、チャンス、熱い、激熱など言葉によるもの、★★☆☆☆などのマークによる表示が一般的です。

これらは大まかな当たり割合を示していますが、あくまで目安です。

ハズレた演出は、どんなに強い弱いであっても、最初からハズレであることが確定します。
(逆に当たりなら、どんなに弱いリーチでも必ず当たります)

最初に当たりハズレを決定し、そこから演出が選ばれます。

・当たりの場合、強い演出の選択率が高い
・ハズレの場合、弱い演出の選択率が高い

結果的に、演出が強ければ当たりに結び付くことが多くなり、弱ければハズレることが多くなります。

これを理解すれば、強い演出でハズレだったショックを運命的な何かや店の不正のせいにするという責任転嫁を起こして、イライラするのを防ぎやすくなると思います。

見方によっては、強い演出でのハズレは、本来ただ何もなくハズレだったものが運良く珍しい演出を選び楽しませてくれた、ハズレの強い演出というレアなものを見れたラッキー♪と捉えることもできます。

演出について文句があるなら、店ではなく、演出バランスとそれを作ったメーカーにでしょう。

あんなに強い演出をハズした……なんて運が悪いんだ! というのはお門違いです。

そもそもここは、ハズレで強い演出を当ててしまう自分の運の良さを誇るべきじゃありませんか?

最終更新日‐2017年09月

目次】 次の記事→  交換率

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

/

基礎とゲーム性(目次)
/

パチンコの基礎的な内容とゲーム性などについてになります。

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

(目次)

目次 記事

< 上に戻る >

< HOME >

ページトップへ戻る

ここは4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんが運営するサイトです。





Copyright(C) chiyomatsu. All Rights Reserved.