パチンコで遊ぼぅZ

パチンコハ楽シムコトト見ツケタリ! パチンコについて解説&考察しています

パチンコ打ちのための 解説&考察サイト
それが『 パチンコで遊ぼぅZ 』だぜっと
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
HOME>稼働日記>コラム的な何か-記事ページ

稼働日記 『 コラム的な何か 』

ここはパチンコ生活で見た、思ったことなどを綴ったコラム的な何かです。
どーでもいいことばかりなのでご期待には添えそうもありません。下部へスキップ↓

★この項目一覧(記事切り替え/ページ移動なし)

コラム的な何か >  ←← (全般-No.09) →→

※タブを選択で簡易目次へ。ページ移動なし

記事 目次

優しい不正遊技機
№09

今(2014年)から遡ることだいたい10年くらい以前のパチンコ業界は裏物(不正遊技機)が蔓延る暗黒時代でした。
※真の暗黒時代はもっと昔から

今でこそほとんど聞かなくなりましたが、自分がパチンコをやりだした(1998年前後)は裏物(不正遊技機)が、裏だとお客にも店にも当たり前に認識されたまま置かれていましたね。

今でこそイメージとしては裏物(不正遊技機)=勝てない、インチキ、店の陰謀という感じでしょうが、その頃は違いました。

裏物≒出る時すごい、面白い、むしろ純正より勝てる、という前向きな感じだったと思います。

確かに、初当たり確率悪、コイン持ちが激悪、ウエイトカットなどのマイナス面に働く仕様のものもありますが、普通のパチンコ台と比べても別に遜色ないどころか、何らかの売りがあるぶん遊技機として優秀だったかもしれません。

店が裏物を置く理由は、儲かるから、だけでなく、お客がつく=求められているからという側面も強くあったはずです。

まあ、自分が通っていた地域では、主に沖スロがほぼ裏物で、何とかver.※という分かりやすい仕様でしたが、他はあくまで推測に過ぎず、裏だと思っていたのが純正、純正だと思っていたのが実は裏、なんてこともあったでしょうね。 

(何とかver.とは、特定の小役やその出現タイミングがボーナスの前兆となる比較的わかりやすいタイプの裏物の呼び名。チェリーやオレンジ(15枚役)などのレア役が多かったが、リプレイやベルの連続がそれにあたることもあった。それぞれの対応役の名を取ってチェリーver.、オレンジver.と客側から“勝手に”そう呼ばれる)

そんな裏物の中には、お客に優しいものもありました。
裏物が優しい――、というと嘘臭い感じがしますが、本当です。

わかりやすいところでいうと天井機能でしょう。
これは吸い込み過ぎないように特定のハマリや吸い込み枚数に到達すると当たるような機能で、まだノーマルAタイプが主流で純正では天井などなかった時代に、すでに裏物の中には天井があったりしました。
※ただ、裏はそもそも仕組みが不明瞭なので、あくまで客側の推測

中には、子役を取りこぼしたり、リプレイ外し(枚数上乗せ)をしない方が結果的に抽選が優遇される(逆にいうと“する”と連チャンしなくなるなど)ものもありました。
※目押しができる客に厳しい

つまり、目押しが出来ないお客に遊んでもらえるような仕様の裏もあったわけです。

その頃は技術介入次第で勝てた時代だった=一方で目押しの出来ない一般客がおいてけぼりという感じで、スロコーナーはなんか近寄りがたい雰囲気だったと思います。

店側もそれを承知していて、なんとか一般客(主に常連のおばちゃん、おじちゃん)が打ちやすいような台を特別に用意した感じでしょうか。

今のような週一新装が当たり前の時代とは違い、年に数回しかない頃の話ですから、台を長く使うのは当たり前で、短い期間でブッコ抜くみたいな発想は薄かったと思います。
※閉店を前提にしている場合は別

そうなれば入れた台を大事に使う→改造(裏化)してより使いやすくするのは自然な流れだったのかもしれません。

その過程なら、台の改造(裏化)に一定の配慮が組み込まれるのは考えられることで、店側も改造を請け負うアングラな人(かばん屋さん?)に、そういったニーズを満たす仕様を求めたのではないでしょうか。

自分の通っていた地域(関東)では、2004年頃までは堂々と裏物が置いてある環境でしたね。
(不正遊技機撲滅キャンペーンのポスターの真後ろの島が、完全な裏物の島唄だったり。ベル連でほぼボーナス、天井が700前後、コイン持ち激悪、引戻しあり150前後?という感じの仕様)

そもそも純正が存在しない機種もあったようで、店or地域独自の裏はハウス物、メーカー出荷時点での裏はB物とかいうそうです。
※間違いを含むかもしれません。B物→リズムボーイなど、ハウス物→各地域や店舗ごとの何とかver.など。これらの混合もあった

自分は裏物にそんなに興味がなく、むしろ中身がわからないので避けていましたが、周りはそれを楽しんでいる感じでしたね。

それは裏物が単純に吸い込むだけ、要は負けさせるためだけにあったわけでなく、ちゃんとゲーム性を提供していた証拠だと思います。

2002年頃のスロはすでにAT機が席巻していて、裏物は沖スロでしか見なくなり、2005年頃になると沖スロでもわかりやすい裏物はなくなりました。

玉の方は、裏物だと思われる海物語が長らく設置してありましたが、純正の海との違いは一見してわからず、朝一当たりやすいモーニング機能程度しか見分ける術がなく、いつ頃無くなったか定かではない感じです。

そんな裏物ですが2014年には、ほぼなくなったと思われます。
罰則も厳しくなり、チェーン展開する大型店が主流の中では、全店営業停止のリスクを背負って裏物をおく理由がなく、現在のパチンコのゲーム性はかつての裏物とは比較にならないほど複雑でわざわざ裏物にしてまで獲得するゲーム性がないといえるでしょう。

そもそも、この裏物を駆逐するために4号機になったという見方もあるのに、実際に出てきたのはそこらの裏物より凶悪なAT機、ストック機たちで、玉は初当たり確率が1/499という高継続率タイプが出回るという矛盾を感じます。

そのスロにいたっては射幸性を抑えるため?(コイン持ち(ベース?)を上げるため)に搭載されたリプレイが、結果としてストック機を生み出してしまうなど、裏物を駆逐するのに、純正で裏物を作ってOKという環境を作ったような気がしてしょうがありません。

これらのことを思うと裏物が必ずしも悪だとは思えないし、今の激荒台と比べると、優しかった印象がでてしまうのはしょうがないですね。まあ、あくまで今と比べて、なので時代が違うということでしょう。

余談ですが、『ギャラリーフェイク』という漫画の中に、パチンコの裏物に関するお話がでてきます。※ネタバレ注意※

確か、カード導入(CR化)頃の小さなパチンコ屋で、その店が使う改造機(裏物)の基板にある不正防止用?の刻印シールを偽造して調べにくる警察をやり過ごす話だったと思います。

この話で使われる不正改造機(裏物)が、まさに常連たちに適度に楽しんでもらう為の優しい裏物で、それがCR化のせいで総入れ替えor検査を余儀なくされる話。

舞台となるパチ屋自体が、老夫婦が営む個人経営の小さなお店。
現在はなくなった、何とか開館という個人経営が多かった時代を感じる名称のパチ屋。小さなお店なので、CR化に資金的に対応できず、潰れるかどうかの瀬戸際に立たされている。

この話の最後も、検査にくる目利きの警官が偽造を見抜けなかったのか、見抜いていたが見逃したのかわからないまま終わっています。

個人的には、状況的には黒(偽造)だとわかっているが、自分の目利きでは判断できなかったプライドから黙認し、加えてこのパチ屋が時代に抗えず、近いうちに消えていくことから見逃したという感じでしょうか。

(この話にでてくるカード導入(CR化)は、他の漫画などにもでてきていて、男樹(本宮ひろ志)だと、ヤクザが偽造CRカードで荒稼ぎしている様が描かれていたりと、相当の問題を抱えていたことが伺えます)

かつて不正改造機である裏物が蔓延し、その中には遊技機としてお客に優しいものが生まれ、そして健全化の名のもとに消えていった――、そんなお話でした。

更新日  2014/08/01

目次】 次の記事→仕組み系コラム>  男は黙って完全告知

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

/

コラム的な何か(目次)
/

ここはパチンコ生活で見た、思ったことなどを綴ったコラム的な何かです。
どーでもいいことばかりなのでご期待には添えそうもありません。

<全般> ~パチンコ全般の内容~

<仕組み系> ~ぱちんこの仕組み(システム)に関連した内容~

<機種系> ~特定の機種についての内容~

<武勇伝> ~パチンコで起こった武勇伝的なの内容~

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

(目次)

目次 記事

< 上に戻る >

< HOME >

ページトップへ戻る

ここは4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんが運営するサイトです。





Copyright(C) chiyomatsu. All Rights Reserved.