パチンコで遊ぼぅZ

パチンコハ楽シムコトト見ツケタリ! パチンコについて解説&考察しています

パチンコ打ちのための 解説&考察サイト
それが『 パチンコで遊ぼぅZ 』だぜっと
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
HOME>稼働日記>コラム的な何か-記事ページ

稼働日記 『 コラム的な何か 』

ここはパチンコ生活で見た、思ったことなどを綴ったコラム的な何かです。
どーでもいいことばかりなのでご期待には添えそうもありません。下部へスキップ↓

★この項目一覧(記事切り替え/ページ移動なし)

コラム的な何か >  ←← (全般-No.06) →→

※タブを選択で簡易目次へ。ページ移動なし

記事 目次

ビギナーズラックの正体
№06

パチンコをやり始めた人が出会うオカルトには、初心者ならではの幸運――
つまり、『 ビギナーズラック 』の話があるはずです。

そもそもパチンコをやり始める時には、1人でというより誰かの誘いと誰かの説明を受けて始めることが多いでしょう。

すると、先んじてパチンコを触っている方に「お前運がいいな」と言われたりし、それが後々になって『始めた頃は勝てた』とビギナーズラックがあったことを感じたりするようです。

先に言われるか、あとからそう認識するか程度のものであって、自覚するほどものすごく勝てるとか、そんな凄いニュアンスではないですね。

パチンコでビギナーズラックといったら、こんな感じのものになるかと思います。

では、問題です。

――パチンコにおいてビギナーズラックは本当にあるんでしょうか?

ズバリ、あります。
(個人的な意見になりますが)

えっ? 断言? と驚く人もいるでしょうが、これには結構自信があります。まあ、聞いてください。

このビギナーズラックの条件は『最初調子がいい』という点がクリアされればいいので実は簡単です。

いやいや、無理だろ、と思われた方は頭が硬いですね。

この条件は、端的にパチンコをやり始まった初期の段階で、それなりに勝つか、あるいはそれなりに遊べたら叶い、意外と間口が広いのが特徴で、特段にいくら勝ったみたいな具体的な金額が問題にならないのです。

それはパチンコ初心者が、どこらへんが平均か知る由もないですから極端な話で1回当たっただけでもビギナーズラックの条件をクリアしたことになるかもしれません。

しかも、イメージでは1人を対象にしてますが、10人のビギナーがいれば確率的に半分近く、悪くても3割はその条件を満たすはずです。

仮に1人でもそれを達成すれば、そこにビギナーズラックという言葉が生まれるので、こう考えればビギナーズラックがない方が難しいでしょう。

ついでにいうと、『最初より調子が悪くなった』と感じれば、例え最初が何でもなくても思い出補正が加わって、やはりビギナーズラックが生まれます。

これは初期の条件よりも簡単で、継続してパチンコで遊べば心理的なハードル(運がいいと感じる)が上がりますから、客観的にみて最初よりいいor同じでも『あの頃は良かった』とビギナーズラックが存在したことになります。

かくしてビギナーズラックは必然的に生まれるわけですね。

しかも、このないことをあることに出来る人の心理状態以外に、実際に勝ちやすい環境にある可能性もあります。

それは先にいった『教わる』ということで、教える人間は少なからずパチンコを知っているので、それを人に教えるとなった時には見栄も手伝って、本当に勝ちやすい方法を提示することもあるでしょう。

教える人間のパチンコの実力によっては大きく勝ててしまい、それが長く続くとパチンコで生計をたてるパチンコ生活者にすらなることもあります。

まあ、これは逆もあり、オカルト大好きの人間教わると……。
おそろしい事になるかもしれません。

かくいう自分も友達から教わってパチンコに入ったので本当に勝てました。

というかその時代(2000年前後)は、モーニングという朝一いけば『当たっている台』が用意されていたので、それだけを打つことを教われば運不運ではなく必然的に勝つしかなくなります。

まとめると、そもそもパチンコに関わる時点で、教わるので通常のお客より遊技条件が少しばかりいい可能性がある、幸運だと思う心理的なハードルが低い、長く遊ぶと思い出補正によって過去が美化される、などが複合されると考えられます。

そして、決定的なのは『最初に悪い結果だった場合はその後パチンコに関わらなくなりがち』というもので、そうなれば残った人はそれだけでビギナーズラックを感じる条件にあてはまるはず。

これは他の勝負事にもいえるのかもしれませんね。
実際にどうあれ、ビギナーズラックは生まれてしまうわけです。

しかし、最近(2014年)ではこのビギナーズラックという言葉を昔ほど聞かなくなった気がします。

まあ最近のお店の傾向からいって、等価が多く、調整は辛め、台の仕様は複雑、モーニングなどのサービスは当然なく、イベント告知すらない中では、正直ビギナーが勝つor遊べた感を得るのは昔より難しいのかもしれません。

本当に幸運以外には、教える側が優秀であればいいのですが、今それを出来る人は本当に一握りでしょうね。

パチンコ業界にとって、新規客のビギナーズラックの声が聞こえなくなったということは業界にとってもよくないはず。

ビギナーズラックの数≒新規参入の数≒残ってお客になる数――、となるはずだから。

ビギナーズラックが少なくれなれば、それは長い目で見てお客の減少になるでしょうから最近聞くパチンコ全体ユーザーの減少ともつながります。

本来は面白おかしいオカルトよりの話ですが、こう考えれると結構深刻な話題なのかも。

もうパチンコ業界はこうしたビギナー主体の話をしてられない、良かった時代に残ってくれたユーザーからどう利益を上げるかに必死になる成熟しきった業界ってことなのかもしれないね。

ん? 昔良かったで今はキツイ? 

一番のビギナーズラックだったのは、パチンコ業界、お前だ!!

更新日  2014/03/30

目次】 次の記事→  荒さがもたらすこと (前編)

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

/

コラム的な何か(目次)
/

ここはパチンコ生活で見た、思ったことなどを綴ったコラム的な何かです。
どーでもいいことばかりなのでご期待には添えそうもありません。

<全般> ~パチンコ全般の内容~

<仕組み系> ~ぱちんこの仕組み(システム)に関連した内容~

<機種系> ~特定の機種についての内容~

<武勇伝> ~パチンコで起こった武勇伝的なの内容~

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

(目次)

目次 記事

< 上に戻る >

< HOME >

ページトップへ戻る

ここは4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんが運営するサイトです。





Copyright(C) chiyomatsu. All Rights Reserved.