パチンコで遊ぼぅZ

パチンコハ楽シムコトト見ツケタリ! パチンコについて解説&考察しています

パチンコ打ちのための 解説&考察サイト
それが『 パチンコで遊ぼぅZ 』だぜっと
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
HOME>稼働日記>コラム的な何か-記事ページ

稼働日記 『 コラム的な何か 』

ここはパチンコ生活で見た、思ったことなどを綴ったコラム的な何かです。
どーでもいいことばかりなのでご期待には添えそうもありません。下部へスキップ↓

★この項目一覧(記事切り替え/ページ移動なし)

コラム的な何か >  ←← (全般-No.03) →→

※タブを選択で簡易目次へ。ページ移動なし

記事 目次

復活演出に物申す
№03

液晶付きパチンコで巻き起こる対決やミッション系演出の敗北(失敗)からの逆転――、つまりは『復活演出』は今や当たり前になりましたね。

これがあるからこそ、“期待を持って”演出を最後まで見守れるといえるでしょう。

この復活演出は、玉の方では早くから取り入れられていて有名なのは海物語系のハズレ後の再始動でしょうか?
※ハシリ(走り)とか呼ばれる事が多い。期待してないノーマルリーチで再始動すると『走った!』などと言う

一方でスロの方は液晶付きが当たり前になってからで、しかも1G完結ではなく数ゲームに渡って演出が続くような前兆が搭載されてからようやくといった感じだった気がします。

自分が覚えている(復活演出だと意識するようになった)スロでの最初のものは、サラリーマン金太郎の「まだまだ~」です。

たぶん、もっと前からあったと思いますが、復活がある!って多くの打ち手が明確に意識するようになったのは、はやり初代吉宗の「負けるかコラ!」etc、北斗の拳「ケーン!」でしょうね。

この復活演出のインパクトは大きく、その後の機種にはもれなく搭載されている演出で、一種の画期的な発明といえるかもしれません。

2013.12.04e.jpg(15943 byte)
※スカイラブ4。復活は怒られる系のものがけっこうあるのが伝統

そんな復活演出ですが、最近(2014年)の玉、スロの両方にて当たり演出に対し大きな比率を占めている気が……、いや、多すぎて依存しすぎている気がします。

多くの機種でリーチor対決演出となっても普通にはなかなか当たらず、ほぼ当たるであろう激アツ予告経由でも70%とくらいしか通常成功せず、あとは復活にまわされる感じです。体感レベルではまず普通に勝ってくれないと感じでしまうほど。

途中で確定となるプレミアがでているのにも関わらず、対決orミッション系の敗北(失敗)し、当然のように復活――というのも多く目につき、勝ち確定なんだから普通に勝てよといいたくなりますね。

そうなると復活演出ばかりで当たること、そういう印象になり安売り感はいなめません。

もちろん、復活で当たることに意味(法則)がある機種もあり、玉だと確変&16R濃厚、スロだとビック確定or高継続率などの恩恵があるものもあり、知っていれば通常当たりよりうれしいかもしれません。

ですが、どういうわけか恩恵つきの復活演出になると途端に出現率が下がり、例え条件を満たしていても中々出現しないことが多くなります。

その理由に復活否定≒恩恵否定にならないようなゲーム的な配慮なのだと思いますが、だったら通常の復活演出の比率にも配慮してよ、って言いたくなります。

なんでそこだけ慎重にバランス考えるんだよって感じで、普段の復活大安売りは一体何なのさ、って具合ですね。

結局、復活=逆転じゃなく、復活=最終ジャッジになってるから、馴れたお客だと強予告強演出でハズレても平然としてるしね。
そんで復活ないとわかった時におこったり、叩いたり、ガッカリしたりする。

連続演出は前座なの? やってることは完全告知に近くない?

もう最近だと連続演出成功でチャンスゾーン(CZ)ですら復活当たりが当たり前だしね。 初打ちとかだと「当たった?」ってカン違いしちゃうよ。

つーかチャンスゾーンは当たりじゃないから、認めないし。
あっ、でも吉宗(大盤)のCZ(家紋&剣舞)は押し順ナビありなので、がんばればバケくらい増えるから、当たりと呼べなくも……。

P2014_0328_140133.jpg(23547 byte)

ともかくまとめると、復活演出をもっと大事に使って欲しいということ。

復活≒その時点で敗北という超ピンチ状態なわけで、それを打破する唯一にして最後の希望なんだから、一生のお願い、復活して! って祈るような出現率でいいはず。

それをハイハイどうせ復活でしょ?って思わせるよな出現率頻度ではイカンと思うな。

復活演出の安売りのせいで通常演出に対する心理的な期待感を削いでいる感もあるし、やっぱり復活演出はおいそれと出ちゃいけませんね。

余談――
復活演出=確定みたいに書いてますが、中には確定じゃない機種もありました。

印象にあるのは初代『旋風の用心棒』の飲み比べ演出で「もうダメだ~」と敗北→ベットで「まだまだ~」と復活→「もうダメだ~」と再敗北と何度も苦渋を舐めさせられました。※たぶん同メーカー作のサラ金もそう

スロ好きの友人は、今でも何かあると勢いよく「まだまだ~!」と野太い声で叫び、次いで「もうダメだ~」と情けない声をだして遊んでいます。

あとは復活は確定の機種でも、あり得ない状況での復活が話題になることも。 麻雀とかの相手ロン→敗北からの無理やり勝利、レース対決で敗北→なぜか勝利とか。ひどいのになると復活後の専用演出になってさっきの演出の結果はわからずじまい(無関係)とか、これはマイナーメーカーに多いね。

そんなネタとして使えるんだから、これも一種の発明かもね。

更新日  2014/03/23

目次】 次の記事→  4号機バブルの落とし子たち(前編)

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

/

コラム的な何か(目次)
/

ここはパチンコ生活で見た、思ったことなどを綴ったコラム的な何かです。
どーでもいいことばかりなのでご期待には添えそうもありません。

<全般> ~パチンコ全般の内容~

<仕組み系> ~ぱちんこの仕組み(システム)に関連した内容~

<機種系> ~特定の機種についての内容~

<武勇伝> ~パチンコで起こった武勇伝的なの内容~

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

(目次)

目次 記事

< 上に戻る >

< HOME >

ページトップへ戻る

ここは4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんが運営するサイトです。





Copyright(C) chiyomatsu. All Rights Reserved.