パチンコで遊ぼぅZ

パチンコハ楽シムコトト見ツケタリ! パチンコについて解説&考察しています

パチンコ打ちのための 解説&考察サイト
それが『 パチンコで遊ぼぅZ 』だぜっと
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
  • loopSlider画像
HOME>稼働日記>コラム的な何か-記事ページ

稼働日記 『 コラム的な何か 』

ここはパチンコ生活で見た、思ったことなどを綴ったコラム的な何かです。
どーでもいいことばかりなのでご期待には添えそうもありません。下部へスキップ↓

★この項目一覧(記事切り替え/ページ移動なし)

コラム的な何か >  ←← (武勇伝系-No.05) //

※タブを選択で簡易目次へ。ページ移動なし

記事 目次

プレミアフラグは心折設計
№05

いつの頃からでしょうか? パチスロにプレミアフラグ(役or契機)と呼ばれる夢が搭載されるようになったのは(遠い目)

4号機前半までは明確なものはなかったと思います。当てはまるとすれば特徴的な裏物の状態突入契機くらいのもんでしょうね。

そもそもプレミアフラグの定義は曖昧。
文字通り特定の契機役(フラグ)を必要とするものから、役の要らない演出上のレア抽選なども入るので一概にいえないんですが、ここで言うプレミアフラグは、とにかくレアで専用の演出がある、あるいはそれなりの期待枚数が見込める、表面上だとしても1ゲームで決まった的なものを指す、とします。
(ゴッド揃い、それに近いものはレアとは言えないので含めません)

かくいう自分が始めて引いたプレミアフラグはと思い返すと、俗にいう初代猪木『アントニオ猪木という名のパチスロ機』の『道演出』ですかね。

『この道を行けば、どうなるものかと~』と長い朗読(28秒?)から、見事にバケが揃えば(※ここ重要)、爆裂という名の夢の始まりです。

(※ビック、強ハズレでも出る可能性がある? が、バケだと後半の押し順当てが全ナビ(2回もある?)となり、3連続成功=闘魂チャンス複数セット確定(7連以上?)となる激アツ仕様)

当時のAT機で最初から複数セット確定というのは、夢でも冗談でもなく万枚が現実味を帯びる――、そういう時代でした。

で、何枚出たかというと記憶はなく、たぶん2000枚いくかいかないかくらい。ほぼ最低限クラスだったと思います。

ただ、よーく覚えているのは、隣で打っていた友人のビック中強ハズレ(せいぜいTC確定程度)に出玉で負けた――、という悔しく切ない思い出……。

そう! ここから自分とプレミアフラグとの闘いの火蓋が切って落とされたと言っても過言ではないんですよ(# ゚Д゚)

時代は、サブ基盤革命後の1G辺り純増10枚オーバー当たり前のAT機、711枚が1G連するストック機の跋扈する、イカれた世界へようこそ♪ を地でいく頃。

一体どんなプレミアフラグが待ち受けているのか? 胸を躍らせ、財布の中身を心配するのでしたが、あれ? 意外とプレミアフラグと呼べるようなものは少ない時代だったと気づきます。

あるにはあるんでしょうが、エノカナのロングフリーズ、ダブルチャレンジの100×30倍成功(約6000枚確定?)、旋風の大AT目、初代鉄拳のアンノウン出現、自分の触った機種ではこれくらいですかね。

ちょっと劣るところでは、初代ハードボイルドのAR1000ゲームとかかな。

これ、引いたことあるんですが、1000ゲーム終わって、「さあビック何個ある?※」ってウキウキしながら打って、出てきたのはバケ4回というショボーンな思い出。
(※確かAR中のビックはスーパービックに格上げされたはず)

さっきいったエノカナ、正式名称『シンドバットアドベンチャーは榎本加奈子でどうですか※』のロングフリーズも友人が引いたのを間近で見たんですが、たしかほぼ最低限で終わってしょんぼりしていた記憶があります。

(※エノカナのロングフリーズは、短いフリーズからさらに伸びて発展。確か、最上位のモードにいき、それが各50%で維持するので600枚ビックが10回とか平気で出る。期待値5000枚オーバー? 友人はその50%をことごとくスルーし、確かビック4連とかで終わった)

旋風の用心棒の大AT目について、これ成立してても狙って揃えるのは至難の業なんじゃないかな? だいたい存在を忘れてるから。
(一度だけ謎の旋風チャン12連があった時に大AT目を疑った時があったけど、真相は闇の中)

つーか、考えると相当あるかも。初代鬼武者のビック中ハズレとか程度だったら、いくらでもあるね。

んで、時は流れ、4号機の衰退とともにパワーダウン。象徴的なのは、バー揃いで2000枚?確定のサバンナパークかな。これ、引きたかったんだけど引けなかった。

そして、4号機末期頃には、まったくプレミアフラグに関係する記憶がなく、それが5号機移行も続きます。

と、思ったですが、よく思い出してみると、ありました。アラジンエボリューションっていうク○台で、トイレから戻ってきた1ゲーム目で獣王のダチョウ白7出現し、宇宙背景(超高確?)にいったことが。(約1/88000の強ハズレ?)

まぁ、これもビック1、バケ3で終わったんですがね。ハハッ

初期5号機には、特に出玉を伴うプレミアフラグ的なものはなかったんですが、子役とボーナスの同時当選が可能になったために、解析情報と照らし合わせると何気なく引いたバケが万分の1というプレミアクラスなんてことがざらになり、ちょっとしたショックを受けます。

そうこうしている内に5号機も進化し、ついに出ました初代エウレカセブンの印象度抜群のプレミアフラグ、リリチェと赤7の同時当選=ロングフリーズが華々しくデビューします。

って、ツインエンジェルの方が先か? いや、自分の通う地域にはほとんどなかったからわからない。そもそもここで言ってるツインは2の方?? わからん。

まぁ、本当にっていうのは置いておくとしても、初代エウレカのロングフリーズは、スロ打ちなら誰でも知ってるわかりやすいプレミアフラグとして多大なる影響を与えた、はず。

その後は、出る台の多くに何らかのプレミアフラグが搭載され、5号機AT機規制の頃(2014~15年)のホール内のパチスロはプレミアフラグを持つ機種だらけ――、という状態にまで発展します。

初代猪木の道演出を引いてから約10年、プレミアフラグまみれとなったスロ業界。

引いたらラッキーから、引かなきゃ始まらない存在になったプレミアフラグと闘うパチンコ生活者の姿がそこにありました。

ほとんどの機種に搭載されたプレミアフラグを、人様より多く打てる環境にあるニートな輩が引けないわけがなく、実際に数多くのプレミアフラグを拝むことになります。

さぞ楽しかったんだろ、と皮肉を言われそうですが、冒頭で申した通り『戦いの火蓋が切って落とされた――』という長いフラグ回収をする事になりました。

とりあえず、引くことの出来たものを並べておきます↓↓
(条件は、出現率1/32000以上を目安)

・キン肉マン王座→ロングフリーズ(天井10G前)→+900枚

・デビルメイクライ4→ロングフリーズ→+5300枚

・戦国乙女→松永フリーズ→+3400

・戦国乙女(西国)→松永フリーズ→+1600枚

・マクロスf→ロングフリーズ(歌姫降臨つきだったのにorz)→+750枚

・蒼天の拳2→ロングフリーズ→+3200枚

・バジリスク絆→ロングフリーズ→3600枚

・サラリーマン金太郎→ロングフリーズ(初打ち)→+870枚

・蒼穹のファフナー→ロングフリーズ→+660枚(400G以上消化したのに…)

・まどか☆マギカ→ロングフリーズ→+2700枚

・麻雀物語3→ロングフリーズ(絶頂役満の方)→+420枚

・エウレカ2→ロングフリーズ→+4000枚

・ルパン三世ロイヤルロード→ロングフリーズ→+690枚(日本記録じゃね?)

・戦国乙女(将星)→ロングフリーズ→+1250枚

・デットオアアライブ→ロングフリーズ→1000枚

・黄門ちゃま→土下座フリーズ→安定×8全て最低(30)で+1200枚

・コードギアス2→ロングフリーズ→9個ストックも+750枚

・戦姫絶唱シンフォギア→超ギアバ中に限定解除(エクスドライブ)→+4700枚(異色ビック×2)

・回胴性ミリオンアーサー→ロングフリーズ→900枚

※差枚数ではなく契機役を引いてから何枚出たか? 獲得表示に近いもの。随時追加。

他にも豪炎高校應援團の輪廻転生(+700枚)、ハーデスの全回転冥王からの+15000枚とかもありますが、自分的に一契機のプレミアフラグとはいえないような気もするので除外しました。

あとは1/16000以下のプレミアフラグもありますが、当たるだけのもの多く、数も多いので省きました。

ご覧の通り、いくつかの機種でほぼ最低限であろう枚数を叩きだしております。

特に印象深いのは、キン肉マン王座のロングフリーズからのスーパーマッスルボーナス(期待値2900枚らしいたぶん設定6の数値だろうけど)で900枚しか出せなかったこと。
(勝ち確定のVSマリポーサ、VSゼブラで運悪く速攻倒してしまい、VSフェニックスの90%も2連で終了)

しかも、天井10ゲーム前というそこで引かなくても、天井の1/2でロングフリーズと同じ性能、1/2のハズレの方でも枚数的には変わらなかった(確かマリポーサには強制的に勝てる仕様)んじゃないかと凹みました。

全体的に見てもさえない結果で、もう一度やり直せるなら、これ以下になる可能性は極めて低いんじゃないかと思います。

そんなんだからプレミアフラグ=勝った→大勝!というイメージは自分の中にすでになく、プレミアフラグ!→最低限の結果でショボーンが頭をよぎる、という具合に(-_-;)

そこまでいかなくても、満足に出なかった……、っていう声を多く聞くようになったし、プレミアフラグを引いたのにガッカリしたなんてのは珍しくもないんですよね。

でも、これっていうのは残念ながら当たり前のことなんだと思います。

これらのプレミアフラグは、平均値よりずっと上に出る可能性を秘めていて、その弊害として最低限からその付近で終わってしまうのが多発します。

というか、プレミアフラグがうんぬんの前に、今のART、AT機のゲーム性が、平均を常に下回らせることで作った余り分をどこかで一気に集中させるっていう手法だから、それがそのままプレミアフラグにも当てはまるって感じかな。

そもそも引いて嬉しいプレミアフラグのはずなのに、結果が平均より下回って心情的には勝った気になれないどころか負けた気になることもしばしば……。

つーか、せっかくのプレミアフラグを引いて負けた気にさせるっていうのは、いったいどういう了見なんですかね。

プレミアフラグは、負け続けるスロッターたちの最後の希望なんですよ(°皿°)

最低保障をもう少し上げて、上の可能性を抑えるとか色々あるでしょ? 麻雀3とルパン(ロイヤル)のロングフリーズなんてたった15分で終わっ――。

えっ? お前ふだん勝ってるだろって? 

ははは、じゃ今日はこの辺で失礼します。サササ

更新日  2015/10/25
(最終更新日  2017/10/03)

【 コラム的な何かの目次 】

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

/

コラム的な何か(目次)
/

ここはパチンコ生活で見た、思ったことなどを綴ったコラム的な何かです。
どーでもいいことばかりなのでご期待には添えそうもありません。

<全般> ~パチンコ全般の内容~

<仕組み系> ~ぱちんこの仕組み(システム)に関連した内容~

<機種系> ~特定の機種についての内容~

<武勇伝> ~パチンコで起こった武勇伝的なの内容~

※サイト内の情報は管理者の独断と偏見で構成されており、その信憑性は高くありません。他の情報源と照らし合わせの上で利用することをお願いします

ここで書かれている内容は管理人の実体験を元にしております。
どういった輩が記事を書いているのか確かめたい方は、管理人の日々のパチンコ稼働を記録したブログの方をご覧ください。

↓↓

稼働日記【ヒキ弱が逝く】(ブログ/4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんの日記)

(目次)

目次 記事

< 上に戻る >

< HOME >

ページトップへ戻る

ここは4号機バブルで道を踏み外し、そのままパチンコ生活を続けるおバカさんが運営するサイトです。





Copyright(C) chiyomatsu. All Rights Reserved.